バイアグラの画像

勃起不全の悩みを改善するバイアグラの即効性

バイアグラは、sildenafilというアメリカで開発されたED治療薬の薬品名で、20世紀の終わりから21世紀の初頭にかけて世界中で爆発的なセンセーションを巻き起こし、社会問題にもなっています。日本でも臨床試験で確認する事無く、アメリカの承認データに基づくスピード審査を敢行するという特例的な扱いで、1999年1月25日に製造を承認し、同年の3月23日より販売を開始しています。これは、40歳以上の男性の約3人に1人が悩みを抱えているというED(勃起不全)に対応するためと考えられています。

なお、バイアグラは、nitroglycerinなどの心臓病の治療薬同様に、特定の酵素の活性を阻害して、血管を拡張するというのが基本的な作用です。元々は狭心症の改善のために開発されているので、心臓の血管を拡張させるという事を目的としていたのですが、勃起の妨げとなっている酵素の活性を阻害するという作用を発揮したために、男性性器周辺の血管が拡張されるという作用につながり、この部分の血流量が増加する事になります。これにより、性的な刺激は必要ですが、勃起可能な状態が5時間から6時間持続する事になります。

なお、バイアグラは、効果が出るまでにかかる時間は、30分から1時間程度です。現在では、これより即効性において優れたED治療薬も開発されていますが、基本的にはまずまずといった内容です。ただし、食事による影響を受けやすいという事が難点であり、空腹出ない状態で服用した場合は、十分な効果が得られないケースもあります。なお、充血や顔のほてりという副作用が高確率で発症しますが、逆に言うとこれらが起きたという事は効果の表れとも言えます。