バイアグラの画像

保険が使えないバイアグラこそ後発医薬品を検討

バイアグラは日本国内でも認可を受けている医薬品ですが、現状ではまだ保険適用にはなっていません。
これはバイアグラの適応症とされている勃起不全の治療という分野自体が保険適用外となっているからです。
今後制度が変われば保険適用になる可能性も無いわけではありませんが、医療費負担が問題となっている日本において保険適用の範囲が広がる可能性は低いでしょう。
しかしだからこそ覚えておきたいのが「後発医薬品」の存在です。
最近ですとジェネリックという名前の方が良く知られていますが、後発医薬品は先発品として作られた医薬品の特許が無くなったことを契機に本来の製造元とは別のメーカーが製造販売する薬です。
先発品を作るために膨大なコストや時間をかける必要が無いため、後発医薬品のほとんどは先発品よりも安い価格で販売されています。
特にバイアグラジェネリックは国内の製薬会社も製造に乗り出しており、先発品の価格から数百円引いた価格で流通しています。
そのためバイアグラを継続利用していくということであれば、後発医薬品を賢く使って薬の代金を安くあげることが重要なのです。
さて、しかし注意したいのがこのジェネリックは常に全ての調剤薬局にあるわけではないということです。
特にバイアグラとなるとかなり用途が限られていますから、一般的な調剤薬局には置いていないこともあります。
そのためバイアグラを後発医薬品で処方してもらうのであれば先にクリニックに「後発医薬品の取り扱いはありますか」と聞いておいた方が無難です。
クリニック内で処方しているのであれば問題なく受け取れるでしょうし、クリニック内に後発医薬品が無いのであれば後発医薬品を取り扱っている調剤薬局を紹介してくれることがあります。
少しの工夫でバイアグラは安く手に入りますから、まずはこういったところで工夫をしていきましょう。