バイアグラの画像

バイアグラの危険度と処方の際の問診票について

バイアグラは性的興奮を受ける事で勃起不全の治療が可能になると言う医薬品ですが、国内では25mgと50mgの2種類が厚生労働省の認可を受けて販売が行われています。
最近は通販サイトなどでもバイアグラやジェネリック医薬品を購入することが出来るようになっていますが、医薬品と言う事からも副作用のリスクと言うものが在るため、病院の処方を受ける事が推奨されています。

また、海外では100mgのバイアグラも存在していると言われており、成分量が多いため副作用などの危険度も高くなりますし、通販サイトの中でも個人輸入代行を行うお店の中にはこのようなバイアグラを販売している所も在ります。

尚、バイアグラには頭痛を初め、血管拡張などの副作用が生じる事が在ると言います。
特に頭痛の症状は大半の人に見られるとも言われているのですが、一過性のものであり特別な問題は無いとされています。

しかし、バイアグラには併用禁忌薬と言うものが在り、飲み合わせの相性が良くない医薬品が在ります。
併用禁忌薬は、飲み合わせの相性が悪い医薬品であり、単体で服用する場合は効果を持ちますが、併用することで身体への悪影響を及ぼす危険性を持つため、病院で処方を受ける時などは問診票に現在服用している医薬品の名前を記載できるように医薬品を病院に持って行くのがお勧めです。

また、問診票に記載する項目は全てを正しく記載することが大切です。
これはバイアグラと言う医薬品がどのような人にでも処方が出来るわけではないと言う事でもあり、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの既往歴が最近6ヶ月以内の場合などでは処方を受ける事が出来ません。
また、重度の肝機能障害などの場合も同じで、問診票には正しいことを記載することが安全に利用する秘訣でもあるのです。